忍者ブログ
[538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528
5e2f7a8a.jpg




















と、いうわけで「強殖装甲ガイバー27巻」を購入しました~♪
帯に記載されておりましたが、ガイバーって連載25年突破
したんですね!
私が集めだした頃は既に10数巻発売されておりましたので
ガイバーファンとしては中堅ってところでしょうか。

「つづきはこちら」からはネタバレとなっておりますので
ご注意下さいませ。


さて、今回の27巻は女ガイバー「ガイバーⅡF」がメイン。
人造のコントロール・メタルを有する強殖装甲でありながら
殖装時間以外はオリジナルと殆ど変わらぬ性能。
ベースの人が組織の監察官(戦闘訓練を積んでいる)
ってのも一理あるのでしょうが。
組織を裏切った目的も現在は不明のままです。

そうそう、アプトム変わりましたですね~
女ガイバーの手助けをこっそりとしたり、主人公を
気遣ったり・・・すっかりいい奴化しておりますw

そして、何かを目論むイマカラム。
アポルオンはもしかしたら・・・・・???

ラストに異形の姿へ変身したギュオー登場で次回へ。

ぬおぉ~~~~~めっちゃ気になる終わり方です。
次(28巻)は来年4月頃かな?(^^;
き・・・気長に待ちますよ。

ではでは~
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アポルオンの正体は、休眠中のアルカンフェルではないでしょうか?村上とアルカンフェルの精神が融合した結果、新しい人格が出来たと思われます。
いま降臨者が、出てきたらいくらなんでも、力の差がありすぎて話が終わってしまうと思います
シオン 2010/05/03(Mon)17:29:11 編集
コメントありがとうございます^^
>シオン さんへ

ガイバー読者さん、発見!とても嬉しいです^^
今後とも宜しくお願い致します。

確かに降臨者が出てきますと話が終わってしまいますねw
ガイバー以外、降臨者の支配力に逆らえないでしょうし。
ん?アポルオンは支配力の力を使ってませんよね?
と、いうことは・・・???

以下は私の妄想とか気になる点です。

○村上さんとアルカンフェルの精神はリンクしている。
○村上さんはゾアロードとして復活する前の記憶が
 残っているが、アルカンフェルの支配力により
 村上としての意識は抑制されている?
○アルカンフェルが休眠に入ると支配力が低下する。
○アルカンフェルの支配力が低下した事により抑制
 されていた村上の意識が一時的に表へ?
○村上は過去、アルカンフェルと同等の能力を披露
 しておりますので支配力も備わっているのでは?
 よって、27巻で数年間眠り続けてもおかしくない
 アルカンフェルが予定より早く目覚めているが、
 眠っているアルカンフェルを村上が操った可能性も?
 もしくはバルカスに幻覚を見せたのかも?
○アポルオンは実は外装だけで中身はない?
 どこかの遺跡で見つけた外装を村上が思念で
 操作して、脅威となるゾアロードを再び生み
 出されないように暗躍しているのでは?
 自分の意識が再び抑制される前に・・・
 もしくは村上がアポルオンかも?
 アルカンフェルとリンクしているので転位能力も
 使用できそうだし。
 でも、支配力の力を使ってないから思念操作が
 濃厚なような気が・・・
 でもでも、支配力の力はモニター越しでも使えたし・・・
 (ギュオーがエンザイムを自爆させました。)
 ※相手の位置もしくは思念が届けばどこでもいい?
 むむむ・・・謎が深まるばかりだ。

 シオンさんが仰る「新しい人格」説も濃厚かもしれませんね。
【2010/05/06 06:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 特になし HOME 悲願達成! >>
ブログ内検索
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ネコダイオー
性別:
男性
自己紹介:
肉球帝国出身(嘘)
その正体は・・・
某店の元店長!?
最新CM
[01/19 スーパーコピー時計]
[01/15 スーパーコピーブランド時計偽物N級品専門店]
[12/21 萬富 パチモン財布激安ブランド]
[12/21 ルイヴィトン 財布N級品]
[12/21 スーパーコピールイヴィトン]
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]